プロのCG制作環境は50万はかかる?!

「攻殻機動隊ARISE」こういったSF作品で、シリーズの過去を描く作品を作るは難しい。アニメでも実写でも、制作環境が進んで、CGなどの技術が豊富になりSF的な概念も深度を増しているので、押井さんの描いた物語が時間軸は後なはずなのにどうしても過去に見えてしまう。自宅でCGできる環境が整ったら堀込関連のもの作りたい。いつになるやら。そんなタイトルを今聞くとは。覚えてないけど環境問題みたいな内容だった気がする。CGがめちゃくちゃきれいだった記憶。安っぽい爆発。安っぽいCG!無駄なセリフ。緊張感の無い戦闘シーンで消されてないほのぼのとした小鳥がピヨピヨ鳴いてる環境音。

作画にCGを使える環境にあるなら、楽器の素材ってありそうだ。何が辛いってCGで環境光100%でライブ感出すよりも、適当に選んだBPM不明の音源を使ってタイミング合わせることだよね。映画のCGはMayaってソフトで作ってるのかな。50万するらしいしとんでもないスペックの動作環境揃えないと動かないらしいし、映画の製作費ってこういう所で億行くのかな。今とじゃCGを?く為の環境(ソフトの使い易さや機能)も全然違うんだろうな。そう考えると完成度が高い作品だわ。CGが今までで最高レベルにリスペクトに思えた理由がわかってきた気がするけど、明日にしよう。ともかくこんなに線画デザイナーをリスペクトした3DCGは稀有だと思う。それができる環境自体がそうだと思えるが。照明環境を自動で認識して、リアルタイムでCG合成に反映する技術が凄い 。

About

Categories: 未分類 |
[TOP]