3DCGのポリゴン数によってPCスペックが求められる

3DCGの依頼で混乱を招いたのは、一見大したことがない素材の3DCG数のポリゴン数が30万とすさまじいものだった事。そしてそのCGはこちらの環境では内部ファイルを開けないので、デザイナーに参考用に渡したらクオリティの認識に大きな齟齬が。CGアニメーターが育ってないうちにお手軽にアニメが作りやすい環境整備だけが先行してしまった弊害ではないかなあこういうのって。Ⅰ~2年に一本ぐらいは「お!!これいい!!」って作品が出てきてはいるものの遅すぎではないかという感はある。モーションキャプチャーには何も期待していない。バトスピのデッキは強い。下手すりゃ前環境のトップデッキをほぼ無改造で蹂躙できるレベル。

最近のスペクタクル物は制作費と環境保護の関係だろうか。CGに頼りすぎなところがありあまり好きではない。CGの出来映えとしての評価をしてしまうから。「ベンハー」や「乱」のような作品にはもう出会えないのかと少し寂しい気がする。Mayaのアラインもカーヴァチャーでヒストリカルな構築できるけどAliasやRhinocerosのようなスタイリングCADと違い、連続性や品質を検証すツールはない。とはいえ、リバースエンジニアリングの基礎もリトポロジー環境で代用説明できる。CAD/CG解説教材として万能。VGもすっかり環境変わったな。AppDataの位置って変えられるのか。要レジストリ変更gkbr。CG環境設定ファイルはgoogleDriveで共通化したい派だから、調べてみたい。CG制作とかそこらへんに俺興味をもってたんだけど環境作りと独学が面倒そうだったからすぐに諦めた。感覚の問題としてはちょっと怖いな。CGやイラストだと、作者が環境光やホワイトバランス的な意味合いで入れた色を物体そのものの色だと思ってる人が居るって事だよね。青黒にしか見えなかったけど読んだら白金に見える理由もなるほどって感じ。でもいくら逆光でも青すぎでしょって感じ。しかも影がこれほど青くなるのって屋外の海辺とか環境光自体が青い時なんじゃないのって、エロゲのCGとか見てるとそう思う。

About

Categories: 未分類 |
[TOP]