フルカラーHD環境用のPCは高性能

蒼穹のファフナーEXODUS初回終了。受け継がれるゴウバイン魂とデスノボリ。ファフナーとフェストゥムのデザインは、CG環境で遂に真の魅力を発揮した感じだなー。平井キャラもマジェプリを経てより血肉が通ってきた印象。成長した前レギュラー見れたのは嬉しいけど、さて何人生き残るのか。アニメセルルックCGの制作現場の給料含めた労働環境ってどうなんだろう。すぐれた技術者が正当に評価される環境が来てほしいと思う。映画並の制作が必要な環境でもCG使って動かしてるユニコーンを簡単にアニメに出せるわけないでしょ。変形するだけで大変なことになる。半分2Dアニメ業界半分CG業界の自分にとってみれば作品レベルが評価の対象であり2Dアニメーターが悪い環境で働いているから、もっと良くしてよとは強くは言わないし2Dアニメターオンリーの時代は自分にとったら過去のコトである。20年前PC98の640×400・16色で描いたCGと今のフルカラーHD環境用のCGってギャラそんなに変わってない。

前職の同期が続々と結婚してゆく。あの劣悪な労働環境でよく結婚するよな。ここ2年ぐらいCGのスキル以外なに一つ前進していない。ノーゲームデイつくるよりもゲームしなくても遊べる環境を作る方が先だと思う。それにしても80287を使ってトロンのCGを45分かけて320×200ドットの出力していた頃を考えると今のDirectX環境って凄いな。スクリプト良し。CGモデル準備良し。あとは環境と機材の起動エラーをどうにかするだけ。EX-Tools Shade 1から長くやって来たが、PCと言うのが今は、NGの時代でおそらくソフトウェアメーカーは今はどこも厳しい状況になっている。 スマートフォンやタブレットでCADやCGをしても課金が何万人いるか。何とかなる事を期待しよう。スマホの画面でF-1の新車動画観たとき、すっごいリアルなCGだなと思ったんだけど、PCで見たら実車だった。ゲームのためにパソコンのスペック考えたことないな。快適にCGが作れるかどうかだけ。

About

Categories: 未分類 |
[TOP]