3DGCもサクサク制作できるPC

CG制作をするにあたって作業効率をアップさせるために制作環境を整えることは重要なことですよね。使用するソフトにもよりますが、マシンパワーが足りないとソフトが上手く動作しなかったり処理に時間がかかりすぎてしまったりなど、心が折れそうになります。

そこで、CGデザイナーを目指している人や独学で勉強するためにパソコン環境を整えたいという方のための、パソコン選びのポイントを紹介していきたいと思います。

プロのCGデザイナーは自作PCを使用している

プロのCGデザイナーは自分でカスタマイズしたパソコンを使用していることが多いです。3DCG用のパソコンはワークステーションといって高性能な本格PCと言われており、パソコンを自作したほうが自分の求めているスペックにできるし、同時に作業効率もUPして結果質の高い作品を作れるからです。

大手家電量販店で販売されているパソコンは不要なソフトがインストールされていたり、グラフィックボードの性能も低く3DCGには適していません。自作PCというと難しそうと思いますが、意外と組み立てはシンプルなため、ネットで組み立て方を調べれば誰でも簡単に作れます。

組み立てよりも、パーツの選び方が重要です。これには少し知識が必要ですがプロのCGデザイナーがおすすめしているパーツを紹介しますので、これらを予算と相談して選んでみてください。また、ノートパソコンは3DCGには不向きなので、購入するにはデスクトップを推奨します。ノートパソコンでも法人向けのものでは対応のモデルもありますが、価格が高額で約30万円はかかってしまいます。作業スペースがないなどどうしてもノートパソコンでないと厳しいという場合以外はデスクトップを選びましょう。幸いなことにBTOおすすめパソコン.netで3DCGに最適なグラフィックボードを搭載したデスクトップが詳細されています。

3DCGに最適なパーツ選び

3DCGグラフィックソフトは一般的なグラフィックソフトとは違い、ハードウェアとの関係がとても需要です。3DCGグラフィックソフトを快適に動作させるために重要なポイントが3つあります。

■条件その1

3Dは3D-APIという描画するためのプログラムがあります。OSや使用目的によって利用される3D-APIが異なってきます。「OpenGL」「Windows」「QuickDrow 3D」この3種類があります。多くの3DグラフィックソフトはOpenGLを採用しています。快適に動作させるためにはOpenGLに対応したビデオカードが必要です。

■条件その2

次に大切なのはビデオカードです。3D描画能力を向上させるためにはGPU(グラボ)が必要になります。3Dグラフィックソフトを高速に処理して快適に動作させるためには、それに適した高性能なGPUが必要になるということです。GPUにはゲームに最適化した「GeForce」、3Dグラフィックソフトに使用されるOpenGLに最適化した「Quadro」2種類があります。

■条件その3

最後に大切なのがCPUです。CPUは人間で言う脳にあたる重要なパーツで、パソコンのほとんどの性能を決定する部分です。CG制作を行う時、ズームしたりプレビューしたり繰り返しの作業を行います、CPUの処理能力が高ければ高いほど3DCG制作に適したパソコンとなり、作業効率のUPに繋がります。

選ぶなら「Intel Xeon」がおすすめです。予算が足りなければ「Pentium D」を選んでおくといいでしょう。性能や品質もよく高速処理が可能になるため、ストレスなく快適制作環境に整えられます。

他には、ハードディスクやメモリなどがありますが、メモリはできれば32GB、HDDは2TBは積んでおきたいところです。自作PCに不安を感じるのであれば、3DCGに適したクリエイターパソコンを購入するのもおすすめです。BTOパソコンが3DCGに最適なパソコンを組んでくれています。